We are united like a family


家族のような居心地のよさ。
そんな風に感じてもらいながら音楽ができる環境づくりを目指しています。
ここでは東大吹部の特徴を紹介していきます。

As a Concert Band

「お客さんに楽しんでいただける音楽」

当団は演奏会中心のバンドであり、コンクールに出場することはありません。代わりに質の高い、楽しんでいただけるような音楽をお客さんたちにお届けすることを第一に掲げています。
毎年、五月祭や駒場祭といった文化祭での演奏、年末に行われる定期演奏会に加え、東大病院や福祉施設、様々な催しでの依頼演奏も承っており、数多くの演奏機会に恵まれています。
さらには9月に行われる文京区の大学が集う演奏会”カレッジコンサート”や、2~3年ごとに企画される海外への演奏旅行や合同演奏会などの刺激たっぷりの企画も。部内では年に3回、白熱必至のアンサンブル大会が用意されています。真剣に音楽を楽しみたい方にはまさに最善の環境と言えるでしょう。

INTERCOLLEGIATE


インカレとは”Intercollegiate”「大学間の」という英単語の略で、その名称の通り、このサークルは様々な大学に通う学生で構成されています。大学の枠を超えていろいろな人たちと音楽を楽しみ、仲良くなることができます。
所属大学は東京大学の他に、お茶の水女子大学、東京女子大学、日本女子大学、聖心女子大学、白百合女子大学、慶応義塾大学、早稲田大学、中央大学、立教大学、青山学院大学など多岐にわたります。

Students of Tokyo University
male-to-female ratio

ASSIGNMENT SYSTEM


当部では「乗り降り制」を採用しています。これは、1人が演奏会の曲をすべて吹くのではなく、分担してそのうちの何曲か吹くことをいいます。これにより週3回という限られた時間の中で質の高い演奏ができるようになり、楽器間でのバランスがとれるようになります。担当していない曲の合奏の際には個人練習のための部屋が用意されるため、効率的に練習を組むことができます。

Community

交友関係を広げるチャンス

Self-government

運営を通じて様々なスキルを磨くことができます

Keeping on

4年生まで活動に参加することができます

Play your favorite

誰でも選曲過程に関われるので、ずっとやりたかった曲を演奏できます

Practice anytime

いつでも使える共用練習場が用意されています

TRAINERS

より良い音楽づくりのため、当部ではプロの客演指揮の先生からご指導をいただいています。さらに技術向上のため、木管・金管・打楽器の各セクションにはいずれも東京藝術大学出身のトレーナーの先生がおり、普段の練習から個人指導まで、きめ細かく見ていただくことができます。

橋爪 恵一

橋爪 恵一

木管トレーナー

東京藝術大学卒。ユニークな音楽創りで知られたカメレオン・オーケストラや音楽とアートのコラボレーションを基に音楽会を企画するアーティスト集団カーニバルカンパニー主宰。04年シェーンベルク「月に憑かれたピエロ」を藝大新奏楽堂にてパントマイム+音楽の構成で企画主催。05、06、09年アフリカザンビアでの音楽指導を行う。06年からはMUSIC&ART in 立川と題したコンサートを読売新聞と共同主催にて開始、続行中。09年オペラシアターこんにゃく座でヨーロッパ4カ国オペラ公演カフカ「変身」に参加。CDにクラリネット三重奏曲集「ポートレート」、世界名曲集「カメレオン」日本の心「ネオジャポニズム」がある。静岡常葉学園短期大学講師。

村上 準一郎

村上 準一郎

金管トレーナー

東京藝術大学卒。在学中より東京トロンボーンアンサンブルのメンバーとしてウィーンフィル、ボストン響、ロスフィル、ロンドン響などのトロンボーン奏者と共演。1981年~1996年原信夫とシャープス&フラッツに在団。その間、鈴木章治、松本英彦、サミー・デイビスJr、ペリー・コモ、アンディ・ウィリアムス、ジュリー・アンドリュース、クインシー・ジョーンズなど内外のアーティストと共演する機会を数多く得る。同楽団退団後、ドイツタイプの楽器を使用したトロンボーン四重奏団「ポザウネシュトラーセ」を結成し、本格的クラシック音楽を演奏。ベテランミュージシャンを集めたビッグバンドでのライブ活動なども行なっている。1997年と2001年「100人のトロンボーンコンサート」をハリウッドの音楽家らとともに開催、好評を得る。05,06,09年の三回、橋爪恵一氏とともに日本政府から派遣されザンビアにて吹奏楽の指導を行なった。St.Maur International school Yokohama 非常勤講師、日本トロンボーン協会副会長。

藤城 佳之

藤城 佳之

打楽器トレーナー

1980年、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。1981年、及び1982年、新宿文化センターにてソロ・リサイタルを行う。幼少からロックに勤しみ、在学中よりヤマハディレクターズバンド等で吹奏楽の演奏・指導を行う。現在フリーのパーカッション奏者としてオーケストラでのティンパニを中心に、ジャズ・ヴァイヴやコンボでのドラムス、ラテン・アンサンブル、和太鼓でのパフォーマンス等、幅広く演奏活動を行なっている。演奏の傍らミュージカルや映画音楽、さらに吹奏楽やアンサンブル等の作曲・編曲活動も積極的に行なっており、「和太鼓の為のアンサンブル曲集」「荘厳組曲〈富士山〉」が旧ヤマハ教販より出版された。またこれらの活動の他、当部の打楽器トレーナーをはじめ学生オーケストラ、和太鼓等、幼稚園から市民サークルに至るまで、講習会やクリニックも年間多数行なっている。

Practice Method

パート練習では、主に楽器別に基礎練習・曲の合わせを行います。ほとんどのパートが原則、駒場で毎週月曜日に行うことになります。パートリーダーが主導して行われる合奏の最小単位としての練習で、全体のレベル向上のためには最も重要と考えられています。本番が近づくと、個人の仕上がりを細かくチェックしながらニュアンスを揃えていく作業がなされます。

吹奏楽は木管セクション、金管セクション、打楽器セクションの三つに分けることができます。主に金曜日に行われるセクション練習では、各セクションごとにトレーナーの先生方に指導していただいたり、セクションリーダーが見たりします。内容は、基礎練習や音楽的解釈の向上を目的とした練習が主です。全体練習では目の届かない細部の修正や、自分の音の他の楽器との絡み合いや響きの理解が可能なのがセクション練習です。打楽器セクションはパート練習と内容はほぼ同じになります。

毎週水曜日には、全体で練習を行います。全員が演奏に参加するという意味の音楽用語の名を借りて”tutti”(トゥッティ)と呼ばれています。内容は、セクションリーダーや指揮者の先生による基礎・曲練習となります。パート練習やセクション練習の成果をtuttiで発揮し、楽団全体の基礎能力や各曲の完成度を高めていくのが主な目的です。自分が担当していない曲の時間は、各セクションごとに確保された部屋で個人練習をすることができます。本番が近づくと回を重ねるごとに全体のレベルの向上を感じられるはずです。

WEEKLY SCHEDULE


練習は月・水・金の週三回、18:00~21:00に行っています。本番が近づくと日曜日に練習が入ることもあります。
※本郷キャンパスで練習をしている期間(5月~10月)は、月曜日のパート練習が
低音楽器と打楽器は火曜日の18:00~21:00、
ホルンとトロンボーンは日曜日の9:00~12:00に代わります。

LOCATION


年2回の文化祭の場所に応じ、練習場所の拠点を移動します。11月~5月は駒場キャンパスの学生会館、5~11月は本郷キャンパスの第二食堂です。部室と共用練習場所も駒場と本郷それぞれにあるので、楽器を保管しておいたり、好きな時間に練習したりできます。なお本郷で練習する期間も、月曜日のパート練習に限り駒場で行います。

11~5月 駒場期間

5~11月 本郷期間